Ubuntu Server 15.04で無線LAN接続する

要約

  1. GW-450D KATANAを買って、
  2. BitBucketにあったドライバの最新のソースコードを入手して、
  3. GW-450D KATANAのデバイスID(0x2019, 0xAB31)を追加して、
  4. コンパイル + インストールして、
  5. 無線接続の設定を追加して常駐化させた。

環境

OSUbuntu Server 15.04 beta 2
無線LAN親機AirMac
サーバの設置場所トイレ

ドライバをインストールするまで

ドライバのソースを入手してGW-450D KATANAのデバイスIDを追加

# common/rtusb_dev_id.c

 USB_DEVICE_ID rtusb_dev_id[] = {
 #ifdef MT76x0
+       {USB_DEVICE(0x2019,0xAB31)}, /* GW-450D KATANA */
        {USB_DEVICE(0x148F,0x7610)}, /* MT7610U */
        {USB_DEVICE(0x13B1,0x003E)}, /* MT7610U */
        {USB_DEVICE_AND_INTERFACE_INFO(0x0E8D, 0x7630, 0xff, 0x2, 0xff)}, /* MT7630U */
$ sudo apt-get install build-essential
$ make
$ sudo make install

# アダプタの設定を変更して再起動
$ cat /etc/Wireless/RT2870STA/RT2870STA.dat
CountryRegion=1
CountryCode=JP
WirelessMode=5
NetworkType=Infra
Channel=0

$ sudo reboot

GW-450D KATANAを差し込んだ時にドライバが反応してればOK

$ sudo journalctl -af -o cat
usb 1-3: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=3
usb 1-3: Product: GW-450D
usb 1-3: Manufacturer: Planex
<-- RTMPAllocTxRxRingMemory, Status=0
<-- RTMPAllocAdapterBlock, Status=0
==>RT65xx_WLAN_ChipOnOff(): OnOff:1, Reset= 0, pAd->WlanFunCtrl:0x0, Reg-WlanFunCtrl=0xff000002

無線接続の設定を追加して常駐化させるまで

$ sudo apt-get install wicd-curses
$ sudo systemctl restart wicd
$ sudo wicd-curses

接続するネットワークを選んで ➡︎
f:id:Ajido:20150418143020p:plain

「Automatically connect to this network」を有効にする。WiFi Passwordを入力して F10 f:id:Ajido:20150418143848p:plain

  • systemd-sysv-generator 経由で起動したデーモンは再起動時に自動起動される
  • 自動起動の停止は systemctl masksystemctl disable は使えなかった)

通信速度を測定する

$ curl -L https://raw.github.com/sivel/speedtest-cli/master/speedtest_cli.py -o speedtest-cli
$ chmod +x speedtest-cli
$ ./speedtest-cli
...
Download: 157.32 Mbit/s
Upload: 46.54 Mbit/s

備考

  • 手元にあったBUFFALOの無線LAN子機はLinux Kernel 3.x系に対応したドライバがなかったので利用できず
  • GW-900Dなら対応したドライバがあったので先にコレを購入したんだけど、2Mbps程の速度しか出なかった…
  • 最初はwicdなしで設定してたんだけど自動再接続が不安定で、動いたり動かなかったりしたので誰か設定教えて下さい

参考リンク

広告を非表示にする